ユーラシア研究所の本

表示件数:
<< 前へ 2 次へ >>

(カテゴリ内:17点)

  • ユーラシア研究 55号
    ユーラシア研究 55号

    特集Ⅰ「<チェルノブイリ> の30年―いま改めて見つめる―」

    *2016年5月28日に開催された第28回ユーラシア研究所総合シンポジウムの記録。

    特集Ⅱ「文化遺産継承の未来を切り開く~アフガニスタンの文化を甦らせる」

    *アフガニスタン文化財保護についての東京芸術大学の取り組み

    1,650円
    注文数:
  • ユーラシア研究 57号
    ユーラシア研究 57号
    特集Ⅰ:さまざまな〈ロシア革命〉—100年後のいま、ふり返る

     趣旨説明 小森田秋夫
    ロシア革命研究の最先端-各国の歴史家はどう見ているのか 池田嘉郎

    女性とロシア革命-フェミニストたちの成功と誤算  斎藤治子

    シベリア出兵研究の活性化に向けて 麻田雅文

    ロシア革命はどう記念されてきたか 塩川伸明


    特集Ⅱ:人と文化の行き交うユーラシア

    壁の向こう側:中央アジアから来た建築労働者たちの労働と暮らし 堀江典生

    ポーランドの労働力移動 田口雅弘

    流浪の民ロシアドイツ人 鈴木健夫

    移動するエボフ家の人々 エボフ・セルゲイ

    ロシア語を継承するこころみ 小林潔

    ロシアでのマンガ・アニメの受容と若者文化 中野幸男

    1,650円
    注文数:
  • ユーラシア研究 58号
    ユーラシア研究 58号

    特集Ⅰ: 現代ロシアの愛国主義と市民社会

    現代ロシアにおける愛国主義―国民統合の基本理念 西山美久
    ロシアのドーピング問題における愛国主義の表出  貝田真紀

    カデット学校(軍団)の復活と「パトリオティズム」の歴史的位相 広岡直子

    特集Ⅱ:躍進するカザフスタン

    カザフスタンの文字改革―カザフ語のキリル文字表記からラテン文字表記へ―  タスタンベコワ クアニシ

    カザフスタンと中国の関係:現代にいたる歴史 野田仁

    アスタナ国際博覧会を経て 石橋奈々

    アスタナ国際博覧会体験記 小島健一

    1,650円
    注文数:
  • ユーラシア研究 59号
    ユーラシア研究 59号

    特集Ⅰ アジアの中の日露関係

    ユーラシア研究所シンポジウム「アジアの中の日露関係」について 堀内 賢志

    ビジネスの面から見たアジアにおける日露関係-脱欧入亜は成功するか 目黒 祐志

    東アジアの安全保障からみた日露関係 兵頭 慎治

    ロシアのアジア重視の三つの波と日露関係 加藤 美保子

    報告に対するコメント―ロシアは本当にアジアに入れるのか? 石郷岡 建

    特集Ⅱ ロシアを活かして働く—日本ロシア学生交流会シンポジウム「ミチター」から

    シンポジウム『ミチター』を開催して 木村 冬馬

    ロシア・NIS地域について多くの人に知ってもらうことを目指して 中馬 瑞貴

    ロシアを武器にする就活戦術 西田 裕希

    1,650円
    注文数:
  • ユーラシア研究 61号
    ユーラシア研究 61号
    特集Ⅰ ロシア人のくらしの今
    日本人・ロシア人のお互いの誤解について ヴォロンツォフ・ドミトリー
    「らしさ」を求めるロシア社会  五十嵐 徳子
    住宅からみるロシアの人の生き方とロシア経済、その変化 道上 真有
    特集Ⅱ ロシア文化における宇宙
    ロシア現代美術とアートフィルムにおける宇宙とユートピア  鴻野わか菜

    ロシア宇宙詩の〈天地人〉 武田昭文
    ロシア・アヴァンギャルド音楽における宇宙  高橋健一郎
    ロシア宇宙主義とは何か 小俣智史
    1,650円
    注文数:
  • ユーラシア研究 63号
    ユーラシア研究 63号
    【特集Ⅰ】マトリョーシカと日露の美術工芸の交流史を考える
    マトリョーシカの謎から日露美術工芸史へ 熊野谷葉子
    アール・ヌーヴォーの受容からみるヴルーベリとジャポニスムの関係 上野理恵
    芸術家・山本鼎ロシアと日本で見出した民衆の創造する力 小笠原正
    山本鼎とロシア 中村喜和
    初期のマトリョーシカと日本の組み子人形について 道上克
    マトリョーシカの謎と七福神 S.V.ゴロジャーニナ 有信優子訳

    【特集Ⅱ】ロシアの農民・農業・農村―歴史と現在
    ロシアの農民―改革、戦争と革命の歴史のなかで― 西山克典
    ソヴェト農民と市場1930年代ソ連のコルホーズ市場での取引動向の一側面 日臺健雄
    ソ連崩壊後のロシア農業・農村 野部公一
    ロシア農村のウェルビーイング:経済指標を超えて 武田友加
    1,650円
    注文数:
<< 前へ 2 次へ >>

(カテゴリ内:17点)

表示件数: