商品一覧

表示件数:
1 次へ >>

(全商品:279点)

  • 2024年群像社特製カレンダー
    2024年群像社特製カレンダー
    2024年 群像社カレンダー
    女性をまんなかに
    ミコラ・ピモネンコ画集



    ミコラ・ピモネンコ(1862-1912)はウクライナの芸術家、美術学者。帝政ロシア時代のキエフに生まれた。サンクトペテルブルクのアカデミーで学んだあと、健康上の理由などからウクライナに帰り、キエフ地方のマリュチャンカ村にアトリエをかまえ、ほぼ 20 年間、田舎の生活をテーマに ウクライナの風俗を克明に写した120 以上の絵画を描いた。
    1,320円
    注文数:
  • CD ブック ロシアのクリスマス物語(特価本)
    CD ブック ロシアのクリスマス物語(特価本)
    2006年刊 定価2000円(税別)日本語による朗読CD付き(未開封)
    本の詳細
    770円
    在庫数 : 11
    注文数:
  • [増補新版]ニコライ堂小史
    [増補新版]ニコライ堂小史
    江戸末期から始まる日本でのキリスト教各派の布教活動の中で正教会はどのような道を歩んだか。ニコライ堂の名と共に親しまれる一方で日露戦争や関東大震災などで苦難を強いられたロシア正教をめぐる日本近代史を通観した好著復刊。
    990円
    注文数:
  • [新版]1791年5月3日憲法
    [新版]1791年5月3日憲法

    世界で二例目の成文憲法としてヨーロッパの近代国民国家の先駆けとなったポーランド憲法。その成立にむけた政治家たちの情熱を解き明かし、分割によって国を失うことになったポーランド国民の独立と自負の記憶として後世に受け継がれたに憲法の意味に光をあてる。



    1,650円
    注文数:
  • 〈翻訳〉の文学誌
    〈翻訳〉の文学誌
    過去と現在や自国と他国のあいだを越境する言葉によって新たな領域を開いてきた文学。他者と向き合う〈翻訳〉という行為をキーワードに日本とロシアの文学の影響関係を考察し新たな視座を提示する比較文学の試み。
    4,730円
    注文数:
  • 「罪と罰」注解
    「罪と罰」注解
    「ドストエフスキイが使った小道具を知らなければ、読者は多くのものを失うことになるだろう」(リハチョフ)。書誌学を駆使するドストエフスキイ研究者が作品の全文注解を試みたロシア流の謎解き『罪と罰』。ゆっくり読むための手引き。
    3,080円
    在庫数 : 0
1 次へ >>

(全商品:279点)

表示件数: