人と歴史

表示件数:
1 次へ >>

(カテゴリ内:19点)

  • 伝統と変革 20世紀の農村ロシア
    伝統と変革 20世紀の農村ロシア
    20世紀にはいった帝政ロシアはいまだ巨大な農業国家だったが、世紀転換後早々に発生した地主所領地への攻撃は中央ロシア全域に拡大し、国家を揺さぶる。その後政権を奪取したボリシェヴィキはいまだ少数者である都市の工場労働者を支持基盤とするマルクス主義政党であり、土地や生産手段を手放そうとしない農民は体制のなかで何かと不協和な音を、ときには大きく、ときには秘かに響かせつづける。農村の社会主義化のために集団化をすすめつつ、農業国から工業国へと大転換をすすめるソ連における農村の変貌を6つの視角から論ずる。
    2,750円
    注文数:
  • ロシアからブロードウェイへ
    ロシアからブロードウェイへ
    『王様と私』の主演でスターの座を確立したユル・ブリンナーの祖父はスイスに生まれ極東ロシアの実業家としてロシア市民となり、父は革命後に命からがらロシアを脱出した。ユルはハルビンからパリ、ニューヨークへと渡り数々の映画にも出演して日本でも多くのファンを得た。その父の栄光に頼ることなく様々な世界を体験した息子ロックが激動の近現代史と重ねあわせてブリンナー家四代の遍歴を魅力的に語る。日本にも子孫が残る異色の家族の肖像。
    3,520円
    注文数:
  • どこまでも真理を求めて~ロシアの画家ニコライ・ゲー
    どこまでも真理を求めて~ロシアの画家ニコライ・ゲー
    19世紀後半、激変するロシア美術界にあっていかなるジャンルにも属さない独立した存在であり続けた画家ニコライ・ゲー。13年間のイタリア在住で同時代の西欧美術界を体感し、後半生はウクライナの小村で農民と共に暮らしながら創作し続けた芸術家の歩みを定評ある伝記作家が描きだす。
    3,300円
    注文数:
  • 言葉に命を~ダーリの辞典ができるまで
    言葉に命を~ダーリの辞典ができるまで

    全4巻20万語の辞書をひとりで完成させた言葉の収集家ウラジーミル・ダーリ。広いロシアで使われている生きた言葉の収集に人生を捧げ、言葉の深みと広がりを伝える独自の配列の辞書にたどりついたダーリ。多くの作家たちが頼りにし辞書の代名詞となったダーリの日本で初めて本格紹介。

    2,200円
    注文数:
  • トゥオネラの花嫁
    トゥオネラの花嫁

    花嫁はなぜ涙で送り出されるのか。家族と離れ夫とその親族のいる異界=トゥオネラ(死者の国)に向かう娘に付き添う泣き女の唄、ロシア特有の風呂小屋での儀式、乙女が嫁にかわるときの女性の髪型に込められた意味など数々の要素を分析した北ロシア・カレリア地方の婚姻の民俗学。

    (B6判 240ページ)

    2,200円
    注文数:
  • シャネルNo.5の謎
    シャネルNo.5の謎
    あの名高い香水シャネルNo.5を生み出したロシアの調香師はどんな人物で、あの香りにはどんな思いが込められていたのか。独自の発展をしたロシアの香水産業とロシアの香りの文化を分析し、芸術としての香水を追及した天才調香師の姿を浮き彫りにする。
    2,530円
    注文数:
1 次へ >>

(カテゴリ内:19点)

表示件数: