眠 れ

クリックで画像を表示
ペレーヴィン /三浦清美訳
コンピューターゲームの世界に入りこんだ官庁の職員、自我に目覚めて成長しはじめる倉庫、死の意味をめぐって怪談話をつづける子供たち・麻薬的陶酔の世界からチベット仏教までとりこんで哲学的な幻想世界へと飛翔する、20世紀末以降ロシア文学の話題をさらいつづける作家のデビュー中短編集。