商品一覧

表示件数:
<< 前へ 2 次へ >>

(全商品:200点)

  • リガ条約―交錯するポーランド国境
    リガ条約―交錯するポーランド国境
    ソヴィエトとの戦争を終結させポーランドの東部国境を画定した1921年のリガ条約。ポーランドの国家像をめぐり連邦主義と併合主義とが交錯する中でポーランド国境が定まるまでの政治的ダイナミズムを描くとともに、条約によって翻弄される人々や民族の姿を追い、国境のもつ意味を問う
    1,620円
    注文数:
  • ユーラシア研究 57号
    ユーラシア研究 57号
    特集Ⅰ:さまざまな〈ロシア革命〉—100年後のいま、ふり返る

     趣旨説明 小森田秋夫
    ロシア革命研究の最先端-各国の歴史家はどう見ているのか 池田嘉郎

    女性とロシア革命-フェミニストたちの成功と誤算  斎藤治子

    シベリア出兵研究の活性化に向けて 麻田雅文

    ロシア革命はどう記念されてきたか 塩川伸明


    特集Ⅱ:人と文化の行き交うユーラシア

    壁の向こう側:中央アジアから来た建築労働者たちの労働と暮らし 堀江典生

    ポーランドの労働力移動 田口雅弘

    流浪の民ロシアドイツ人 鈴木健夫

    移動するエボフ家の人々 エボフ・セルゲイ

    ロシア語を継承するこころみ 小林潔

    ロシアでのマンガ・アニメの受容と若者文化 中野幸男

    1,620円
    注文数:
  • 2018年群像社特製カレンダー
    2018年群像社特製カレンダー

    今年はモスクワから20キロほど離れたコロリョフ市に住む画家セルゲイ・テレーニンの絵で一年を飾りました。


    こちらではすべての月をご覧になれます。

    900円
    注文数:
  • サハリン逍遥 片山通夫写真集
    サハリン逍遥 片山通夫写真集

    サハリン在住コリアンの取材で15年間島に通った写真家が自然や人びとの暮らしをおりにふれ撮りためた素顔のサハリン。かつての日露国境の島・樺太の長い冬と短い夏、そして歴史を感じさせるモノクロ約100カット。さりげないアプローチでとらえた被写体にユーモラスな文章をそえて。

    1,944円
    注文数:
  • メディアと文学~ゴーゴリが古典になるまで
    メディアと文学~ゴーゴリが古典になるまで

    文学作品というソフトを社会のなかで流通させるメディアの研究なくしては古典としての文学の成立過程を知ることはできない。19世紀のロシアのなかでゴーゴリが認知されていく過程を作品から生まれたイラストや雑誌、様々なバリエーションの異本や教育システムから明らかにする。

    5,940円
    注文数:
  • トゥオネラの花嫁
    トゥオネラの花嫁

    花嫁はなぜ涙で送り出されるのか。家族と離れ夫とその親族のいる異界=トゥオネラ(死者の国)に向かう娘に付き添う泣き女の唄、ロシア特有の風呂小屋での儀式、乙女が嫁にかわるときの女性の髪型に込められた意味など数々の要素を分析した北ロシア・カレリア地方の婚姻の民俗学。

    (B6判 240ページ)

    2,160円
    注文数:
<< 前へ 2 次へ >>

(全商品:200点)

表示件数: