商品一覧

表示件数:
1 次へ >>

(全商品:227点)

  • ユーラシア研究 60号
    ユーラシア研究 60号

    特集Ⅰ 北極域研究の最先端

    北極海航路の歩みと展望    大塚  夏彦
    ロシア北極域・サハ共和国に永久凍土地下氷を探る    岩花  剛
    東アジア・欧州・北米を繋げる北極海:光海底ケーブルプロジェクトの過去と未来    ユハ・サウナワーラ 
    終わりの始まり? 大国間競争時代の北極国際政治    大西  富士夫

    特集Ⅱ よみがえるゴーリキー

    マクシム・ゴーリキーの魅力    法橋  和彦 
    ゴーリキーの白鳥の歌『ワッサ・ジェレズノーワ』(第2バリアント)をめぐって    中本  信幸 
    ゴーリキーの短篇『グービン』の空間構造    中村  唯史 
    ゴーリキーの「どん底」上演記    三条  三輪 
    ゴーリキー!  圧政への怒りと民衆への深い眼差し    杉山  秀子
    1,650円
    注文数:
  • アルセーニエフの人生
    アルセーニエフの人生
    中部ロシアの古い貴族の家系に生まれ、田舎で育った幼年時代から詩人を志した青年時代までを亡命の地フランスから振り返る「私」。鋭い感受性と記憶力で自然の変化や人々の生死をつづり過ぎしロシアを心に刻む回想という芸術。
    2,750円
    注文数:
  • 集中治療室の手紙
    集中治療室の手紙
    移民の集まるベルリンの病院で生死の定かでない人たちを訪ねてまわるマリア。振り返る人生はどれも成功に満ちてはいないのに患者たちとマリアが織りなす会話から共感の糸が見えてくる。ロシアの劇作家の新しい言葉の空間。
    1,980円
    注文数:
  • はじめに財布が消えた…(現代ロシア短編集)
    はじめに財布が消えた…(現代ロシア短編集)
    平凡な日常が急に様相を変え、現実と虚構の境目が揺らぎだす…長年の文学の伝統と新時代の大胆な試みが混然一体となって17の短編が魅力的なモザイク模様を織り上げる。若手からベテラン作家、ロック歌手や画家、医者など多彩な顔ぶれが集結した新しい現代ロシア文学のアンソロジー。
    1,980円
    注文数:
  • 十一月蜂起とポーランド王国
    十一月蜂起とポーランド王国
    ショパンに「革命のエチュード」を作曲させた19世紀初めの十一月蜂起は国家なき時代にポーランド人が民族意識を保つ拠り所となった重要な出来事だった。ポーランド人のアイデンティティに関わる十一月蜂起の展開と意味を史料とともに伝える。
    1,650円
    注文数:
  • 石油・ガス大国ロシア
    石油・ガス大国ロシア
    石油と天然ガスの産出量、輸出量ともに世界のトップクラスに位置する資源大国ロシアの歴史と現状を整理し、政治の世界とは一線を画して展開される資源ビジネスの側面からロシアの今後を考察する。
    990円
    注文数:
1 次へ >>

(全商品:227点)

表示件数: