群像社ライブラリー

表示件数:
1 次へ >>

(カテゴリ内:40点)

  • 右ハンドル
    右ハンドル
    左ハンドルの国ロシアで第二の人生を送ることになった大量の日本の中古車は極東の人々の生活に溶け込み心の支えにまでなった。だがそれが気に入らない中央政府の圧力を受けて徐々に生きる場を失っていく。
    ウラジオストクの作家が右ハンドルへの愛を胸に右ハンドル全盛期のウラジオストクの運命を語るドキュメンタリー小説。
    2,160円
    注文数:
  • レクイエム
    レクイエム

    監獄の前で面会を待って並ぶ女たちの中にいた詩人が苦難の中にある人々を思いながら歳月をかけてつづった詩篇「レクイエム」。悪事が行われた場所に生えて笛になってその悪をあばいたといわれる「葦」を表題にした詩集。孤独と絶望の中でささやく女の声が詩となって私たちに届く。


    1,296円
    注文数:
  • 駐露全権公使 榎本武揚 ㊤
    駐露全権公使 榎本武揚 ㊤

    樺太をめぐる領土交渉という特命を受けてロシアに向かう榎本武揚の前に現れた若いロシア人将校は冷徹な外交の世界に心あたたまる友情を注ぎ込んでくる。旧幕府軍の指揮官から明治新政府の要人へと数奇な人生を送った榎本に惚れ込んだロシアの現代作家が描く長編外交サスペンス。

    1,728円
    注文数:
  • 駐露全権公使 榎本武揚 ㊦
    駐露全権公使 榎本武揚 ㊦

    ロシア皇帝の厚遇を受ける榎本の足元に忍び寄る日本国内の政権争いの影。榎本の不安な様子に心痛めるロシア人将校は我が身を賭して行動を開始した。日露関係史に大きな足跡を残した榎本武揚を軸に外交という権謀術数を血の通った人間のドラマとして描く異色の外交サスペンス後編。


    1,728円
    注文数:
  • はだしで大地を
    はだしで大地を

    モスクワの北東約六百キロ、ロシア人が心のふるさとと感じる北ロシアに生まれて早くから詩人として認められたソ連時代の抒情派詩人。戦後は国家主導の文学理論と相容れず、大きなものの陰に隠れた小さな生きものたちの命を見すえた散文に精力を注いだ作家の日本初の詩的作品集。

    群像社ライブラリー36




    1,944円
    注文数:
  • ケヴォングの嫁取り
    ケヴォングの嫁取り


    川の恵みを受けて繁栄していた時代は遠くなり小さな家族になったケヴォングの一族。ロシアから押し寄せる資本主義の波にのまれて生活環境が大きく変わっていく中で人びとの嫁取りの伝統もまた壊れていく。サハリンの先住民ニヴフの作家が民族の運命を見つめた長編ドラマ。



    2,160円
    注文数:
1 次へ >>

(カテゴリ内:40点)

表示件数: