ユーラシア文庫

表示件数:
1 次へ >>

(カテゴリ内:9点)

  • スロヴェニア~旧ユーゴの優等生
    スロヴェニア~旧ユーゴの優等生
    ユーゴスラヴィア連邦のひとつで体制崩壊後の紛争から一早く立ち直ったスロヴェニア。トランプ大統領夫人メラニアの祖国としても注目される小国は国際社会でいかに生きているのか。ヨーロッパの火薬庫バルカン半島の荒波をかぶりながら独自の経済発展をつづける国の姿をコンパクトに紹介。
    972円
    注文数:
  • ロシアの女性誌~時代を映す女たち
    ロシアの女性誌~時代を映す女たち
    18世紀後半に創刊されたロシアの女性誌は教育の手段としてまた革命後は政治的メッセージを伝えるメディアとして大きな役割を果たした。女性解放思想や女性の過労問題といった社会派の記事から家事やファッションなどの生活情報まで女性誌ならではの切り口から見えてくる社会の変化をたどる。
    972円
    注文数:
  • ロシア文学うら話
    ロシア文学うら話
    プーシキンは決闘で死んでいない? ロシアでもっとも女好きな詩人は? トルストイとドストエフスキーが立小便をしながら交わした会話とは? 単なる噂や中傷か、あるいはこちらが真実か。ロシア文学史にひそむ135のエピソード。








    972円
    注文数:
  • 語り継ぐシベリア抑留
    語り継ぐシベリア抑留
    日本の敗戦とともに捕虜としてソ連に連行された約60万人の日本人らは酷寒の地シベリアで過酷な労働を強いられその間に多くの人命も失われた。帰国まで最長11年を要した抑留者の最終引揚から60年のいま、抑留の現実を後世に伝えるために3世代の声を集めて記憶の継承を試みる。







    972円
    注文数:
  • 日露皇室外交
    日露皇室外交
    明治以降、日露間の緊張が高まるたびに関係修復に機能した皇室交流。大正天皇の即位直後の日本と欧州大戦で武器調達の必要に迫られたロシア双方の思惑を背景に実現したロシア皇族訪日の行程をたどり、歓迎ムードにつつまれた皇室外交の中身とその後の運命に光をあてる。







    972円
    注文数:
  • アゼルバイジャン
    アゼルバイジャン
    東西冷戦の時代もイスラームとキリストの二大宗教圏の対立する現在も常にその最前線に位置するアゼルバイジャン。石油と天然ガスに支えられた経済と伝統的な氏族政治と世襲政権で安定を確保しながらロシアとトルコとイランの間で常に衝突の危機をはらんでいる国の歴史と現状







    972円
    注文数:
1 次へ >>

(カテゴリ内:9点)

表示件数: