商品一覧

表示件数:
1 次へ >>

(全商品:212点)

  • マイヤ・プリセツカヤ~闘う舞姫とその時代
    マイヤ・プリセツカヤ~闘う舞姫とその時代
    20世紀を代表するプリマには幼いころからバレリーナになった後まで国家の治安組織の監視の目が光っていた。演目に注文をつけられ活動を制約されながらもバレエにかける情熱で自立を貫いた女性の歩みを同時代のソ連を体感したジャーナリストが浮き彫りにする。
    972円
    注文数:
  • ロシアの「LGBT」~性的少数者の過去と現在
    ロシアの「LGBT」~性的少数者の過去と現在
    性的指向や性自認の問題はロシアではどう扱われているのか。ソチ五輪の開会式ボイコットで世界的に注目された同性愛宣伝禁止法にいたる抑圧と寛容の歴史を中世までさかのぼって振り返り、現在の「LGBT」運動の展開やトランスジェンダーの活動家への取材を通じて共に生きる社会を考える。
    972円
    注文数:
  • 右ハンドル
    右ハンドル
    左ハンドルの国ロシアで第二の人生を送ることになった大量の日本の中古車は極東の人々の生活に溶け込み心の支えにまでなった。だがそれが気に入らない中央政府の圧力を受けて徐々に生きる場を失っていく。
    ウラジオストクの作家が右ハンドルへの愛を胸に右ハンドル全盛期のウラジオストクの運命を語るドキュメンタリー小説。
    2,160円
    注文数:
  • シェフチェンコ詩集 コブザール
    シェフチェンコ詩集 コブザール
    帝政ロシアで農奴の身から画家、詩人として認められ、その後政治犯として10年の流刑生活を強いられ47年の生涯を終えたシェフチェンコ。ウクライナの精神的支柱として今も人びとの心に生きる詩人の全詩作品の約半数101篇を収めてその全体像を描く。
    2,376円
    注文数:
  • ポーランド年代記と国家伝承
    ポーランド年代記と国家伝承
    多くの国家は成立の当初から国家の起源伝承を含む多くの歴史書を編纂してきた。ポーランドでは十一世紀の初頭に書かれた『匿名のガル年代記』が国家の起源に最初に言及した資料であり、その百年後に書かれた『ヴィンセンティ・カドゥベックのポーランド年代記』はさらに詳細にまた文学的に薫り高く国家の起源を物語っている。その二つの年代記を比較しながらポーランドの国家伝承の基本的な特徴を描く。
    1,620円
    注文数:
  • ユーラシア研究 59号
    ユーラシア研究 59号

    特集Ⅰ アジアの中の日露関係

    ユーラシア研究所シンポジウム「アジアの中の日露関係」について 堀内 賢志

    ビジネスの面から見たアジアにおける日露関係-脱欧入亜は成功するか 目黒 祐志

    東アジアの安全保障からみた日露関係 兵頭 慎治

    ロシアのアジア重視の三つの波と日露関係 加藤 美保子

    報告に対するコメント―ロシアは本当にアジアに入れるのか? 石郷岡 建

    特集Ⅱ ロシアを活かして働く—日本ロシア学生交流会シンポジウム「ミチター」から

    シンポジウム『ミチター』を開催して 木村 冬馬

    ロシア・NIS地域について多くの人に知ってもらうことを目指して 中馬 瑞貴

    ロシアを武器にする就活戦術 西田 裕希

    1,620円
    注文数:
1 次へ >>

(全商品:212点)

表示件数: